微笑みの国タイが生んだ『タイ古式マッサージ』のサービス内容を記事にしています。
最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ

最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ


最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ
全裸になってオイルなどを使用するケースの多いタイ古式マッサージでは、施術前と施術後にはシャワーを使用することとなります。
様々な事情がありタイ古式マッサージの中には、派遣型営業をしているお店もあるので、ホテルなどに呼んでもらうと良いでしょう。
タイ古式マッサージで働く女性は風俗嬢という名称は使われなく、エステシャンと呼ばれることが一般的となります。
つまり施術を提供しているエステシャンであるために、性的サービスよりもマッサージが最高なんです。

いつも着ているような私服や白衣のようなコスチュームがタイ古式マッサージでは一般的ですが、お店によっては男性のエロ心をくすぐる過激なコスチュームを用意しているケースもあります。
トップレスや全裸でのマッサージもデリヘルタイプでしたら、可能なこともあります。



最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージブログ:06-9-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも両親と見舞いに行ったおいらに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりおいらのパパの母になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母は少し呆れていたが、
おいらにはパパの気持ちが良くわかった。

おいらも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、日々畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

おいらの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、おいらは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

おいらは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
おいらはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないおいらは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなおいらを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうおいらに言って笑った。

おいらはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の23時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをおいらは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。

最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ

最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ

★メニュー

オイルマッサージで全身に電気が走ったような気持ち良さ
最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ
デリヘルの求人を探しているなたマッサージ系が簡単
ちょっとした性的サービスが中心となる回春マッサージ
気軽に高収入なら風俗マッサージで風俗バイト
癒し風俗で人気の密着エステはいかが
事前にサービス内容を確認して回春を利用しよう
アジアンエステはソフトなフィンガーサービスが基本
デリヘルのように派遣型が多い韓国エステ
股間だけの刺激で終わらないメンズエステ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)風俗マッサージって本当にヤバイ♪